朝の十句─診察日(自由律俳句)

陽のひかりあたたかや味方してくれる

 

健気に咲いてたんぽぽたちは

 

淀む体にカカオドリンク飲む

 

咳してさやれなくて妻は飯を食べないし

 

生を明るめること句の道仏の道

 

あたたかくして一念発起で掃除しなくちゃ

 

本日は診察日の先生へ手紙書いてある

 

体ボロボロでコーヒーを飲む事

 

清掃はあなた任せにできない春の空

 

ゆっくり死んでゆく事じぶんを活かす事

たんぽぽ咲く道(自由律俳句)

あたらしいパジャマで嬉しいぞ

 

人生は空しい人生は苦しいたんぽぽの健気に咲く

 

たんぽぽすっと上を向いて咲く今日の道

 

起きてすぐゴミ出しに行くテクテク歩く

 

本日こそ銀行へ行くやっと銀行へ行く

 

妻の苛々が伝染するとして私は悪い

 

ゴミ人間にならないよう今日のわざをこなす

 

インヴェガをコーヒーで服し眺めればつつじ

 

怒れるぞ自由律俳句も俳句だぞ、大木

 

青春のこんなさみしい時の中

2024年4月11日(木)の雑記

昨日はショッピングモールへ、妻と二人、行きは電車で向かった。

まず和食レストランへ行き、わたしはデミかつ定食を頂いた。

妻は、焼き魚定食を食べていた。

その後、妻の眼鏡を直しにもらいにいって(すぐ直った)

それからユニクロでわたしの外着とパジャマを買いに行った。

ああ、それと私の雨靴を買ってもらった。良かった。

帰宅。

夕飯、お弁当を二つ、スーパーへ一人買いに行った。

うどんと天丼のセットの弁当が一つワンコイン五百円で買えた。

五時に食べて(美味しかったです。頂きました)

六時には眠った。

本日、2024年4月11日(木)は

午前三時に起きた。

妻はもっとはやく起きていたそうだ。

妻はずっとブログ記事やら小説を書いていた。

わたしはショートホープを喫い

玉子かけご飯を食べて

自由律俳句 十句 を成した。

それから木曜日、可燃ゴミの日だったので、集めて出しに行った。

本日は銀行に向かう。

そしてわたしのおこずかいの日だ。

なんとかするであろう。なんとかなるであろう。南無阿弥陀

 

 

午前三時に起きて(自由律俳句)

はやく起きてショートホープ喫う春の夜更け

 

今朝は可燃ゴミの日の、ゴミを集めよう

 

昨日買ってもらったパジャマがここちよい

 

インヴェガ服そうこの薬に救われていた

 

尿、泡立って、体の調子悪いのかな

 

寒い春の朝に起きている

 

今朝もご飯に玉子をかける

 

買ってもらった服に着替えて本日は銀行まで

 

おこずかい日だ薬の支払いをしなければ

 

コーヒーで本日をはじめます

日記:2024年4月10日(水)

おはようございます。

今朝は朝、七時に起きました。本日は水曜日なのでゴミ出しはなし。

起きて、猛烈に煙草が喫いたくなる。

コンビニ、近くセブンイレブンへ行ってアメスピ リーフゴールド を買ってきて喫う。

お米の用意は昨晩、してあったんだ。炊飯を行う。

半合、玉子をかけて食べる。美味しかったです。頂きました。

コーヒー、トル。

一階、二階、全体をなにとなく、クイックルワイパーをかける。

正直、もっと手をかけたいのだけれど、本日はイオンへ買い物に出るので

そんな手を込めて掃除できない。

 

自由律俳句、今朝は二十句書く。

陽があたたか。洗った靴も乾くだろう。

 

コスタコーヒーというペットボトルのコーヒーの無料引換券があったので

またセブンイレブンへ行って交換してもらう。

 

ともかく、妻が病み上がりなので

本日、一日も旅として、「ゆったり」をテーマにする。

 

昼食は和食店の予定。

それから、妻が私のズボンやパジャマを見立ててくれるという事だ。

あ、それと、長靴かな。

 

母のスマフォでなにやらよくない事が起こったらしい。昨日。

いろいろたいへんだな、こりゃ。

まあしかし、いい事も、悪い事も、清算するような気持ちで、行く。

 

 

出発の準備(自由律俳句)

爽やか掃除する朝の陽のあたたかさ

 

陽のあたたかここで動かないでおる

 

本日は出かける何かどきどきする

 

落ちつけて陽のもとに物を書く

 

妻が忙しい朝の、私はゆったりする

 

ゆったりがキーワードだ、一日という旅

 

午前九時となりいろいろ整理したり準備したり

 

書きつめる掃除し尽くす

 

ふたりとなって静かな時間とする

 

服が見つかって良かったね妻よ

今朝の十句(自由律俳句)

よい目覚めの今朝は煙草買いに出てしまう

 

慣れないけれども慣れなければ米を炊く

 

お洒落着妻が選んでくれたものを着る

 

もう妻以外優しくしたくないのだ私は

 

インヴェガ十二ミリ服す義務のように服す

 

ご飯が炊けました玉子をかけました

 

朝の掃除の未だできていない不甲斐ない

 

本日は外へ出る電車の時間を調べる

 

コーヒーコーヒーこれがなくちゃな

 

つつじが紫色に咲いてぼうとして眺めいる