俳句と仏教と春の海

久々仕事して深くなる春の夜

 

部屋中を整えようぞわが身のために

 

妻起きて部屋の灯りを点けてまた寝た

 

今宵存分に業を活かしてうたおうぞ

 

いい事に悪い事あり春の夜

 

どこか春の海を思ってゆったり座る

 

なんのそのここまで来たのだからと春の夜

 

なにとなく自分の事終えて眠るべし

 

例えばそうだ本の多さよ片づけなくちゃ

 

俳句と仏教の本を残してしまっちゃうよ